ワキガの原因は汗と細菌

お悩みクリニック画像 ワキガの原因は、汗と皮脂などが細菌に分解されて臭う。



ワキガの原因は汗と皮質・老廃物・バクテリア(細菌)などが関係しています。
脇の皮下組織にあるアポクリン汗腺とエクリン汗腺から出てくる汗と皮脂腺から分泌される皮脂と皮膚表面の老廃物や埃などが混じりあって湿った環境になります。
この環境がバクテリアを活発化させて、老廃物や脂質などを分解するときにワキガ特有の異臭を発生させます。

これらの中で一番大きな要因はアポクリン汗腺で、アポクリン汗腺に含まれる中性脂肪や脂質のコレステロール、脂肪酸などと鉄、色素、細胞破壊成分などがワキガの臭いのもととなっています。
このアポクリン汗腺は脇の下や陰部などの局所だけにある組織で、脇の下の異臭をワキガ、陰部の異臭をすそわきがといいます。
アポクリン汗腺がない部分ではワキガのような異臭を放出しないのでアポクリン汗腺とワキガが深い関係にあることが分かります。

ワキガの原因ではありませんが、性ホルモンとワキガは密接な関係があります。
性ホルモンが発達していなかったり、衰えてくるとワキガも無くなってきます。
これは性ホルモンによってアポクリン汗腺や皮脂腺が大きな影響が受けることが原因です。
性ホルモンが活発なときはアポクリン汗腺や皮脂腺も活発に活動するのでワキガも多くなるという関係です。

$value) { if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if (strpos($param, 'url') === 0) { $google_scheme = ($GLOBALS['google']['https'] == 'on') ? 'https://' : 'http://'; google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

ワキガの悩みへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック