しみのできるメカニズム

お悩みクリニック画像 しみのできるメカニズムを理解してしみ対策は万全!



気づくとうっすらと増えているしみ、気になりますよね。
しみはなぜ出来るのでしょう。

しみは、皮膚に沈着したメラニン色素です。
しみのできる原因は、ホルモンバランスの変化、老化、日焼け、肌荒れなどがありますが、ほとんどの原因には紫外線が大きく関わっています。もう常識ですね。

通常皮膚のメラニン色素は、肌のターンオーバーと共に外へ排出されます。
新陳代謝のバランスが取れていると肌は正常に28日周期で生まれ変わるので、その度に合成されたメラニン色素が体外へ流されればしみはできません。
新陳代謝が活発な子供にしみがないのはそのためです。

しみのできるメカニズムは、しみの元となるメラニンが合成される速度と、新陳代謝とのバランスが崩れたことで起こります。

新陳代謝が通常通りでも、過剰な日焼けなどでメラニンが大量に合成されればしみの原因となりますし、日焼け対策をばっちりしていても老化などでターンオーバーの周期が遅くなるとしみになるわけです。
いずれにしても、紫外線対策は怠れませんね。



関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

しみをケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック
携帯アクセス解析