唇のしみの消し方

お悩みクリニック画像 唇のしみは、毎日のクレンジングで退治できます。



唇にしみ、というと意外な気がしますが、鏡で唇をよーく見てみるとうっすらと黒っぽい斑点が見つかりませんか?

それが唇のしみです。

実は、顔の中で一番紫外線の影響を受けるのが、鼻と唇なんです。
触ってもわかるように、唇は他の肌よりも柔らかいですよね。
表皮がとても薄いので、紫外線のダメージが現れやすい部分なのです。

唇のしみにも対応?
味の素KKのスキンケア
[Jino]新ポーチ付
唇のしみは、頬などにできるしみと同様にメラニン色素の沈着によってあらわれます。
リップクリームや口紅などの油分が蓄積された箇所に出来やすいで、口紅がちょっとはみだしやすい唇のキワによく出てきます。確認してみて下さい。

唇のしみの対処法は、まずしっかり洗うことです。
毎日口紅をつけるし脂っこいものを食べたりするのに、意識してクレンジングしていないことに気づかれる方も多いのではないでしょうか。
また、クレンジングで口紅を落としてしまえば、あとは洗うのを忘れてしまうこともあると思います。
毎日唇の汚れをきちんと落とすことから唇のしみ対策は始まります。続けていくと、しみは次第に薄くなっていきますよ。

あの味の素だから安心!
味の素KKのスキンケア
[Jino]新ポーチ付
$value) { if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if (strpos($param, 'url') === 0) { $google_scheme = ($GLOBALS['google']['https'] == 'on') ? 'https://' : 'http://'; google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

しみをケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック