しみをレーザーで除去

お悩みクリニック画像 メラニン色素に反応するレーザーでしみを除去する治療法



しみのレーザー治療の話は最近よく聞きますね。
簡単に出来てきれいにしみがなくなるそうなんですが、顔にレーザーを当てるのはやはり不安ですし、抵抗がある方も多いと思います。特に肌の弱い方はしみがない部分の皮膚への影響なども気になりますよね。

しみ治療で使われるレーザーはメラニン色素に反応します。
しみはメラニン色素でできていますから、皮膚に当てたレーザーの光はしみのある部分に照射されます。
レーザーが当たるので皮膚全体に軽い痛みは感じますが、しみのない部分の皮膚が焼かれることはありません。

レーザー光線で焼きとられたしみは、かさぶたになり1週間ほどで剥がれ落ちます。
治療した患部はしみのない状態で自然に再生します。

しみのレーザー治療費は年々下がってきていますし、最近ではしみの種類によって保険が適用されるものもあるようです。技術の進歩も著しいですし、レーザーによるしみ治療はとても身近になってきています。



関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

しみをケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック
携帯アクセス解析