しみ対策化粧品の役割

お悩みクリニック画像 予防・ダメージの抑制・角質除去はしみ化粧品の基本



しみ対策に必要なのは、予防、早めの対応、そして継続的なお手入れです。
今はしみがない肌でも、しみの予備軍であるメラニンは日々蓄積されています。
そしてある日突然、しみは表面に現れます。
表面に出てくる前からお手入れをはじめるのが大切です。

しみ対策の化粧品には、大きく分けて次の3つの役割があります。
それぞれの役割をしみの症状によって上手に使い分けるましょう。

■予防
プラセンタエキス、ビタミンC、カミツレエキスなど、しみの元であるメラニン色素の合成をおさえる成分でしみを作らない。

■ダメージの抑制
紫外線などによる肌へのダメージをビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどの成分でおさえる。

■古い角質を除去
AHA、フェノール、レチノール、酵素などの成分でメラニン色素をスムーズに排出させ肌のターンオーバーを助ける。



関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

しみをケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック
携帯アクセス解析