痛みでわかる性病

お悩みクリニック画像 陰部に痛みを感じたら性病に感染してい可能性があります



性病が気になるなら絶対チェック↓
自宅で簡単に!
性病も子宮頚がんも
検査できます。


かゆみと同様にわかりやすい性病の症状は「痛み」です。
陰部や尿道に痛みを感じたら、以下のような性病が考えられます。

■性器クラミジア感染症
■トリコモナス症
■尖形コンジローム
■性器ヘルペス
■性器カンジダ症
■淋菌感染症(淋病)

トリコモナス症は女性の場合症状が重く、外陰部に焼けるような痛みを感じます。
男性の場合、排尿時に痛みを感じることもありますが、症状が比較的軽いため治療されずに前立腺炎になることがあります。

クラミジア感染症は世界中で一番多い性病です。
性器に感染する性器クラミジア感染症と、のどに感染する咽頭クラミジア感染症があります。
クラミジア感染症は症状が出にくいのが蔓延している原因でしょう。
男性の場合はセックスの1-3週間後に排尿時に痛みを感じることがあります。

陰部にできるいぼ状の良性腫の瘍尖形コンジロームはサイズが大きくなると、排尿時や性交時に痛みを感じます。
性器ヘルペスは感染後1週間以内に外陰部に軽いかゆみを感じ、その後強い痛みがやってきます。
そして陰部が腫れてきます。

性病が気になるなら絶対チェック↓
自宅で簡単に!
性病も子宮頚がんも
検査できます。


関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

性病についてへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック
携帯アクセス解析