思春期にきび

お悩みクリニック画像



思春期にできやすいにきびの原因は、ホルモンバランスの乱れやそれによる過剰な皮脂分泌だと考えられています。
そのため、顔の中でもTゾーンと呼ばれる、特に皮脂分泌の多いおでこや鼻のあたりにできることが多いです。

男性の方が肌の角質層が女性に比べて固く、皮脂や汚れが毛穴につまりやすいので悪化しやすく、後々痕になりやすいそうです。
成長過程のホルモンバランスの乱れが原因のにきびは完全に防ぐことはできませんが、丁寧な洗顔で皮脂や汚れがつまりにくい清潔な肌を保つにきびケアをすることで悪化や広がりを防ぐことは十分可能です。

洗顔後のにきび用基礎化粧品も最近では大分手に入りやすい価格となり、種類も増えてきました。
にきびケアのためににきび用洗顔やにきびケア用品を使うのは、大事なことです。
もしもあなたが未成年であれば、保護者の方にお願いして揃えてもらうと良いと思います。

思春期にできるにきびは、見えるところ⇒主には顔にできることが多いようです。
顔は体のように服を着ているわけではないのでにきびを隠すこともできないし、空気や雑菌の世界におもいっきりさらされているので、にきびが悪化しやすい環境にあります。

思春期にできはじめるにきびの原因はホルモンバランスの乱れによるものが大きいと言われていますが、そのほかにも中学生・高校生ぐらいだと、深夜に及ぶ夜更かしやスナック菓子や甘いものの摂り過ぎも原因として見逃せないところです。

にきびケア用の洗顔や基礎化粧品を使ってケアするのもとても大事なことですが、不規則な生活を送ったり偏った食事(ダイエット)や大量の間食をしていては意味がありません。規則正しい生活を送るということも、にきびケアにとって大切なことです。

思春期にできるにきびは、ホルモンバランスの乱れからおきるものだから、時期が来たら治っていくというのは間違ってはいません。
だからといって、放っておいていいものでもありません。

にきびの初期段階といわれる「白にきび」の段階でにきびケアが効いて治れば一番いいのですが、悪化すると「黒にきび」⇒「赤にきび」となり、最も良くない「黄にきび」になります。
黒にきび(閉じられていた毛穴から溜まった皮脂がオーバーして外側へ押し出される形で出てきて、それが酸化して黒くなる)くらいまでなら治りも早いのですが、赤にきび・黄にきびにまでなると、にきび痕になってしまう可能性が大です。

炎症は消えても肌の凹凸は一生治りません。そうならないためにも、日々何気なくしている洗顔を丁寧にするなどのにきびケアはとても大事です。

$value) { if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if (strpos($param, 'url') === 0) { $google_scheme = ($GLOBALS['google']['https'] == 'on') ? 'https://' : 'http://'; google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

にきびケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック