にきびケアの基本「洗顔」

お悩みクリニック画像 自分でできるにきびケア!丁寧な洗顔でにきびを治して予防もできる!



にきびケアといえばまずは洗顔があげられますが、正しい洗顔をしないと症状の悪化につながります。
にきびの発生原因で「自分が脂性肌だから!」と思った人が、脂を落とせばいいんだ!と1日のうちに何回も洗顔したらどうでしょう。
洗顔後は間違いなくすっきりしますが、必要な皮脂まで取り去ってしまい、結果的に肌は刺激に弱くなりトラブルを起こす⇒皮脂を出す⇒毛穴に詰まってにきびができてしまいます。

洗顔をまめにして清潔を保っているのににきびが治らない!という人は洗顔の回数に原因があるかもしれません。
基本的にはにきびケアのためでも洗顔は朝晩の2回で十分とも言われています。その間に汗をかいたりしたらその時は洗顔して汚れを落とすのはよいでしょう。

皮脂は肌にとって必要なもので柔らかく潤う肌をつくるのには欠かせません。
洗顔は皮脂を落とすのではなくて「余分な」皮脂と汚れを落とせるようなマイルドな洗顔を選んで行いましょう。

にきびケアのための洗顔の時に使う洗顔料選びは、とても大事です。
まずにきびを治すための洗顔をするのなら、にきびケア用の洗顔料を選びます。

最近の洗顔料は実に種類豊富で、スクラブ入りや洗ったあとす〜っとするような清涼タイプのもなどがありますが、いずれもにきびケアには適していません。
スクラブはにきびで傷んでいる肌を更に傷つけかねません。
清涼タイプのものはす〜っとする成分が揮発する時に清涼感を感じるものなので、肌が弱い人にはその成分がきつかったりしますし、何よりお肌に必要な水分まで一緒に蒸発させてしまうことがあるそうです。

洗顔は、にきび用の洗顔料をしっかり泡立てて、毛穴の汚れを泡でとるような間隔でくるくると優しく洗います。流す時は水ではなく水よりは少しぬるいくらいのぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。ごしごし洗ったり、熱いお湯で流すのは必要な皮脂まで落としてしまうのでにきびケアになりません。

にきびケアの洗顔のポイントは『ぬるめのお湯を使う』『メイクや汚れなどをしっかり落とす』『ごしごし洗わない』『きれいな水で洗う』・・・などなど、言われれば「そんなことは知っている」といった事ばかりなのですが、簡単すぎる内容のためかきちんとやっていないのに「やっているつもり」になっている人は多いようです。

朝など、時間がないから!と洗顔を泡立てずに、がーっと洗って水でざぶざぶ・・・ちょっと使っただけのタオルがあるからこれで拭けばいっか。
なんだか日常にありそうな話だと思いませんか?

洗顔はにきびケア用のものをしっかり泡立てて、泡で優しく洗ってぬるめのお湯で洗い流す。清潔なタオルでおさえるように水分を取り、にきびケア用の基礎化粧品で水分と保湿を補う。たしかに少し手間かもしれませんが大して時間はかかりません。高い洗顔を買ったり美顔器を使うのではなく、丁寧で優しいケアを根気よく続けることが、にきびを治す早道なのです。

$value) { if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if (strpos($param, 'url') === 0) { $google_scheme = ($GLOBALS['google']['https'] == 'on') ? 'https://' : 'http://'; google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

にきびケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック