大人にきび

お悩みクリニック画像



にきびは思春期に発生するだけのものではありません。
近年は特に「大人にきび」という言葉があるくい、大人といわれる年齢になってもにきびに悩まされる人が増えてきているようです。
思春期のにきびは、その原因はホルモンバランスによるものが大半だということですが、思春期を終えた大人のにきびの原因は実に様々です。
代表的な原因は、男女共に「ストレス」が挙げられます。
ストレスは精神的なものだけではなく、肉体的に疲れが溜まっている状態でもそれがストレスに変化したりするのです。
毎日元気で楽しく過ごしていても、体をきちんと休めなければこれもにきびの原因になるということです。

できてしまったにきびには適切なにきびケアが必要になります。
にきびケア用品を使ったお手入れはもちろん、にきびの原因が生活の乱れにある場合などはそちらも並行して正していかなければなりません。

「大人にきび」といわれる、20代や30代の大人にできるにきびは、思春期に出来るにきびとは違い、頬や顎、鼻周りなどに繰り返し出来る傾向があります。
大人にきびの厄介なところは、原因が1つではない場合が多いということです。
主にはストレスを中心とした+αとして、不規則な生活、乱れた食生活、遺伝的な体質、春と夏の紫外線、乾燥と湿気、花粉症など年々複雑化しています。

繰り返しにきびができる方は、その時の季節や体調などを一度気にしてみてください。
なんらかの法則があるようなら、それを改善していけばいいわけですからにきびケアの方法を明確に立てることが出来、早く治すことができます。

大人にきびに限ったことではないのですが、にきびケアはとにかく根気強く続けることが大事です。

丁寧な洗顔、洗顔後のにきび用の基礎化粧品で肌を整えるなどの毎日の習慣として行う内容は決して難しくはないのですが、カンタン過ぎておろそかにする人が多いようです。
また、会社勤めの方や日々の家事・育児に追われる方、いろんな状況で忙しい毎日を送る大人としては、規則正しい生活を送りたくてもそうはいかない事もあるので、できる事を意識して行うことで、大分違うと思います。

例えば外食をすることになったら食事の時間帯や内容を気遣う事などは、自分でなんとかできそうですね。にきびケアは、地味なケアの積み重ねともいえます。高価な基礎化粧品や洗顔を買って使うだけでは治すことができません。キレイな肌に戻るのには、少々の時間がかかることは覚悟でにきびケアに取り組む事が大事です。



関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

にきびケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック
携帯アクセス解析