にきびの原因とにきびケアの正しい選び方

お悩みクリニック画像 自分のにきびの原因とにきびケアを選ぶポイントをおさえて目指せにきびの早期治療!



一般的なにきびケアは「洗顔をしっかりして皮脂を取る」「にきび用の基礎化粧品でお手入れをする」と誰もが知っている方法ですよね。
でもその通りにしているのにちっとも治らない!1箇所が治ったと思ったら違うところにできた!というお悩みを抱える人も少なくありません。

あまりにひどくなったからと皮膚科に駆け込む方もいます。
その方々のお話をよくよく聞くと「肝心な洗顔料や基礎化粧品の選び方を間違えてしまっていてよりひどくしてしまっている」「清潔に!ということだから沢山洗顔した」など細かいところでミスを重ねています。

頭で思い込んでいるにきびケアは実は間違っているかもしれません。既にあまりに症状が重い方は、お医者さんに診て貰うのも良いのですが、そこまでではないけれどにきびに悩まされているという場合は、ほんの少しの気づきで自己治療が可能です。

にきびケアの方法として「きちんと洗顔をする」「にきび専用の基礎化粧品で手入れをする」というのは誰でも知っていることでとてももっともなことなのですが、ちゃんとやっているのに治らない!どんどんひどくなる!という人がいます。

表に見える、顔にできるようなにきびは、隠すわけにもいかないし痛いし気になるしでテンションも下がりますよね。
だからこそ必死で治そうとして、やみくもに洗顔をしてみたりにきび専用だという基礎化粧品をとっかえひっかえして結局悪化・・・。

にきびの発生原因は、一様ではありません。肌が荒れやすい原因は人によって違うので、原因にあわせたにきびケアをすることが大事です。
まずは自分のにきびが何が原因で発生するのかをつきとめて、そこから正しいにきびケアを選択することが、結局は早く治る方法です。

にきびケアの基本は・皮脂を取りすぎない洗顔・洗顔後の保湿・食や生活の内容改善・清潔を保つなどが挙げられます。
これらはどんなにきびに対しても大体共通したケア方法で、みんなが既に知っているにきびケアなのですが、細かい点で自分のにきびの症状に合った方法をとらないと、一向に治らなかったり再発をくりかえしたりしてにきびが「発生しやすく治りにくい」という悪循環をたどる肌になってしまいかねません。

にきびにはいろんな種類や発生原因があります。
思春期にできるにきびと大人になってからできるにきびでは、発生原因が違っていますし同じ「顔」にできるとしてもできる場所まで違うそうです。
人から見える場所にできるにきびは自分が一番気になるし、一刻も早くなんとかしたいと思うもの。

焦らずに、自分のにきび発生原因を究明して自分に一番合ったにきびケアをしましょう。



関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

にきびケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック
携帯アクセス解析