重症化しやすい男性にきびのにきびケア

お悩みクリニック画像 治りにくい男性にきびもポイントを抑えればきれいに治せる!



男性のにきびで顔の下半分、鼻や口の周辺、あごなどにできるものはストレスによるものと言われています。
にきびができたあごのあたりのヒゲそりで皮膚を更に傷め、にきびが悪化するケースもあるようで、これは男性ならではの悩みだと思います。
もみあげや逃避ににきびができる場合は、洗顔や洗髪の際のすすぎが足りなくて洗剤成分が残ったり皮脂が十分に落ちないのが原因として考えられます。

生活習慣の乱れも、にきび発生や悪化の原因になります。
よく睡眠をとり、奇妙な時間帯の食事を避け、溜めているストレスは定期的に消化するような生活を心がけることで、にきびケア用品を使わなくてもにきびが治ったという人もあるので生活習慣の見直しも大事です。

ただ、仕事をしていたり独り暮らしをしていると、どうしても不規則な生活を送りがちなので、にきびケア用品も上手に使って根気よくケアを続けることがきれいに治すポイントです。

にきびで悩む男性は案外多いものです。
にきびといえば男性は特に思春期にかかるものという印象が強いのですが、思春期にできるにきびと大人になってからできるにきびはその原因や対処方法が違います。

男性のにきびは肌質が女性より固く皮脂がたまりやすいので重症化するケースが多いのです。顔にできればやはり気になるもの。
そこで無理につぶしたり強い薬を塗りすぎたりすれば、治った後も痕が残り、ぼこぼことしたクレーターのようなお肌になってしまいます。

最近のTVは肌質まできれいに映るので、美肌だと思っていた人気の男性芸能人のアップ画などを見て「え!結構お肌がぼこぼこだったんだ!」と驚くことが多々あります。
それほどにきびは一般的な皮膚のトラブルなんだなとあらためて実感します。

最近では男性のにきびケアのための基礎化粧品の種類も増えて、手に入れやすくなってきたように思います。
それは男性もにきびに悩む人が多くなってきたともとれますね。

思春期にできるにきびは、ホルモンバランスも乱れによるものが大きいので、時期が来れば治まってきますが、体の中の影響やストレスが原因でできてしまう男性にきびは、にきびケア用品で一生懸命ケアを続けていても何故か再発・・・なんてことは珍しくありません。

男性用スキンケア商品の中には、皮脂を過剰に取り除きすぎるものもあるので、男性でも肌が過敏な人は、ニキビを治すための男性用スキンケア商品の使用で返って悪化してしまったり、ひどい乾燥状態になってしまう事も多いようです。
原因がストレスにある場合は、原因となるストレスを改善しなければ、にきびケア用品のしようだけでは改善しないでしょう。
ストレスは精神的なものだけでなく肉体的な疲れからもおこります。まずは原因をつきとめて、にきびケア用品を使いながら改善を図りましょう。

$value) { if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if (strpos($param, 'url') === 0) { $google_scheme = ($GLOBALS['google']['https'] == 'on') ? 'https://' : 'http://'; google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

にきびケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック