にきびケアと病院によるにきび治療について

お悩みクリニック画像 自分でできるにきびケアで病院治療が必要な重症化を防げます!



にきびケアは自分でできるものでにきび用洗顔や基礎化粧品でメンテナンスを行うのが一般的ですが、にきびが悪化し腫れたり崩れたりするようなら皮膚科にかかったほうが良いでしょう。

病院では、炎症を止めるような抗生物質入りの外用剤や内服薬の処方といった保険が適用される治療と、ピーリングやイオン導入といったメンテナンスの要素が強い、保険が適用されない治療があります。

にきびはいろんな種類があり、それぞれ発生原因も細かいところでは違いがあるので、自分のにきびの状態にあった治療をしてくれる皮膚科を探すのが良いでしょう。
ただの皮膚科よりも、にきびケアやにきび治療をしますとアナウンスをしているところを選ぶことをオススメします。

にきびケアは自分で行えるものと病院でケアというよりは「治療」するものとがあります。

自分で行えるにきびケア用の塗り薬や化粧水などはドラッグストアや薬局、ネット通販などで買うことができます。
薬は炎症を抑えたり、毛穴をふさぐ角質をとる作用があるものが主に販売されています。

洗顔後のスキンケア用品は、選び方を間違うとにきびの悪化につながるので、迷うようなら薬剤師さんに聞くといいでしょう。

にきびケアの1つとして、皮膚科などの病院で診て貰うというのもいいでしょう。
病院ではにきびの種類を特定し、治療の方向と処方する薬を決めてくれます。
病院やクリニックでは基本的に健康保険のきくお薬で治療を受けることができます(場合によっては健康保険のきかない治療を行うこともあります)。

にきびは早く手を打てば治りもきれいで早いので、赤くなったり腫れたり膿んだりする前の段階で受診すると良いでしょう。
でも、病院へ行ったから。治ったから。という油断は禁物です。
病院で診て貰うと、何が原因でそのにきびが出来たのかがわかるので、治ったあとも再発しないように、予防のためのにきびケアを行うのがベストだと思います。

$value) { if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if (strpos($param, 'url') === 0) { $google_scheme = ($GLOBALS['google']['https'] == 'on') ? 'https://' : 'http://'; google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

にきびケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック