口臭の予防

お悩みクリニック画像 口臭の予防方法にはいろんな方法がありますが口臭の予防に一番最適なのは歯磨きです。



口臭を気にしている人は意外と多いものである研究所の調査によれば半数以上の人が口臭を気にしているという結果があるそうです。それでは口臭の臭いはどんなときに強くなるのでしょうか。自分でも気づきやすい例として朝起きたときやお腹が空いたときそして歯磨きをしばらくしないときなどが挙げられます。食事をしたまま歯磨きやうがいなどの手入れをまったくせずにいると口腔内が不潔になり口腔内の細菌が食べ物のカスを分解してガスを発生させそれが臭い口臭がする原因になります。

また自分では気づきにくい例として緊張やストレスで唾液の分泌が減ったときや歯ぐきに炎症があるときそして虫歯や歯周病のときなども口臭が臭う原因になります。これらの口臭を予防するためには普段からできることがあります。口臭の予防に一番最適なのはなんといっても歯磨きです。仕事中で忙しく歯磨きができない場合には口臭を消す効果の期待されるガムやキャンディーを携帯したりトイレに行くついでにうがい液を利用するのもよいと思います。

シュガーレスのガムは噛むことにより唾液の分泌を促す効果もあります。また食事中や食後に消臭作用のある緑茶を飲むのも口臭の予防には効果的です。空腹時の口臭予防には水を飲むとよいです。最近では朝食を摂らずに過ごす人も増えていますが朝食を摂ることで午前中の口臭はかなり抑えられるそうなのでぜひ朝食はしっかりと摂ってください。その他にも虫歯や歯周病が原因で口臭が臭う場合には口臭の予防の為に歯科受診が必要になります。自分の口臭で周囲の人を不快にしていないかと気になる人はまずできるところから口臭の予防を始めてみてください。



関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

口臭ケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック
携帯アクセス解析