口臭の対策

お悩みクリニック画像 口臭の対策は歯ブラシや歯間ブラシまたは洗口液で歯を磨き舌や歯垢を清潔な状態に保ちことです。



口臭の対策は歯ブラシや歯間ブラシまたは洗口液で歯を磨き舌や歯垢を清潔な状態に保ちストレスをためないといった日常的な対策から、口臭の原因の除去などがあげられます。口臭は年をとると唾液の分泌量が減ってくるため、食べ物のカスが流れにくくなったり舌苔(ぜったい)もたくさんつくようになります。また入れ歯もきちんと手入れをしないと、口臭の臭いのもとになります。

歯磨きがうまくできない寝たきりの場合でも食後は口の中の食べカスを取り除く必要があります。そのときは介護者の指にガーゼを巻きつけ口の中を拭いてあげるとよいと思います。口の中が出血している場合もありますので血液感染を避けるためにも素手で口の中を拭くのはやめてください。舌苔については専用のブラシなどが市販されています。

専用ブラシをつかってもよいですがスプーンのふちでそっと拭ったり食べカスをふき取る際にガーゼで一緒に拭っても効果はあります。力強くごしごしこすり取る必要はありません。また、たくさんおしゃべりをしたり歌を歌って口を動かすことで唾液の分泌も促されますので口臭予防の対策にもなります。口が臭うからといつも口を閉じていては、口臭予防や対策には逆効果となってしまいます。



関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

口臭ケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック
携帯アクセス解析