口臭と歯槽膿漏の関係

お悩みクリニック画像 口臭の他臭症の原因で一番多いのは歯周病や歯槽膿漏などの口の中の病気が原因です。



口臭の症状を大別すると自臭症と他臭症に分かれ自臭症の口臭の人は自分の口臭を強く自覚して他人も同様な臭いを感じているのではないかと常に不安を感じています。しかし実際には口臭はほとんど発生していません。口臭の他臭症の原因で一番多いのは歯周病や歯槽膿漏などの口の中の病気が原因です。歯槽膿漏は口の中に炎症があり膿が出ている口の中の病気です。

つまり口臭を起こしている原因は口の中にある細菌が原因です。その中でも、酸素が嫌いな細菌の嫌気性菌が原因です。この細菌は歯槽膿漏の症状が進行した場合に強い口臭となって現れます。他人にとっては、強烈な口臭を感じるものですが、本人は口臭が在るとはあまり感じません。ですから周りの人間はとても不快でたまらないのですが当の本人は誰かに指摘されるまで気付きません。

なぜ他臭症の人は、自分の口臭をあまり感じないのでしょうか。それは口臭を引き起こす原因が慢制化しているためこのような時には人間の臭覚は麻痺してしまい、自分の口臭を自覚出来なくなってしまいます。 歯槽膿漏が原因で口臭を引き起こしている人は原因が分かっている為に治療は簡単です。口臭の原因となっている歯槽膿漏を治療することで口臭の臭いは簡単に無く成ります。



関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

口臭ケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック
携帯アクセス解析