口臭と歯周病の関係

お悩みクリニック画像 口膣内の疾患の歯周病は実に8割にも及び歯周病を早期に治療しなければ口臭は解決しません。



口臭の原因には色々ながあります歯周病などの口膣内の疾患が原因で口臭を発生している場合もあります。歯周病のように治療すべき疾患がある口臭のもありますが口臭の原因の中には、治療をする必要のない誰でも起きうる口臭があります。それは寝起きの口臭で口の中が乾いている場合に口臭が起こることがあります。歯周病などの、口膣内の病気はひどい口臭をもたらすことがあります。この口臭の原因になる歯周病は、口膣内の疾患の歯周病は実に8割にも及びます。

歯周病は大人の殆どがかかっている口膣内の疾患で歯に関する病気の人の殆どがこの歯周病を持っていると言われています。口臭と歯周病の関係は歯周病が口膣内にあると歯の根元がぐらつくなどして、その場所に食後の食べカスなどがはさまり口臭の原因になります。口の中の細菌が食べかすなどを分解するときに口臭のもとになる臭気成分を作り出します。メチルカプタン、硫化水素、ジメチルサルファイドという3つの揮発性硫化物が主な臭気成分でこの臭気成分が口臭の原因となります。

また歯周病が進行して歯ぐきから膿などが出るような状態になることがあります。このようになるとこの歯周病の膿が口臭の原因となるのです。もともと歯周病というのは、口の中で細菌が増殖している状態を指すもので、それが原因で口臭が酷くなることがあります。歯周病といえば中高年の病気と考えられがちですが最近では、10歳代などの若年層でも発症する侵襲性歯周炎(しんしゅうせいししゅうえん)が増えているとの報告があります。侵襲性歯周炎は、発症年齢が10代から30代と若年で発症しますが、発症した後は急速に症状が進行して4〜5年で約50%の歯周組織が破壊されると言われています。歯周病が原因の口臭をなくすには歯周病を早期に治療しなければ口臭は解決しません。

$value) { if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if (strpos($param, 'url') === 0) { $google_scheme = ($GLOBALS['google']['https'] == 'on') ? 'https://' : 'http://'; google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

口臭ケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック