口臭と虫歯の関係

お悩みクリニック画像 虫歯は、口の中の病気が原因で起こる口臭のうちの6割を占めていると言う調査報告があります。



口臭の原因は治療をしていない虫歯があったりしても発生します。虫歯の他にも歯垢がたくさんこびりついている場合などの口臭も原因になります。虫歯は、口の中の病気が原因で起こる口臭のうちの6割を占めていると言う調査報告があります。口臭の検査の結果、虫歯などの口の中の病気が原因の口臭であることが分かれば先に口臭の原因となっている虫歯の治療をすることです。口臭の最大の敵は虫歯で口臭はきちんと原因を突き止めて治療を行うことで口臭はなくなります。

虫歯による口臭は、未処置の虫歯を放置しておくことにより口の中で細菌が繁殖することで起こる口臭です。虫歯を放置しておくと穴のあいた虫歯の部分に食べ物のかすなどがたまってしまいます。その食べかすを細菌が栄養にして酸を生産しその酸により歯が溶け出してさらに虫歯が広がっていくのです。そのようなことをくり返してさらに虫歯を放置しておくと、歯の中で細菌が次々と増殖していき、化膿して膿が出ることになります。口の中に虫歯があると必ず口臭がします。虫歯が口の中にあるということは沢山の細菌を口の中で飼っているということと同じだからです。

虫歯の口臭は、虫歯が無くならないことには口臭もなくなりません。その為に虫歯が原因の口臭は、まずは歯医者で虫歯の治療を行うことで口臭も自然に無くなります。虫歯は口臭の原因となるだけではありません。虫歯をそのまま放置していると痛い虫歯を無意識にかばうため反対側の歯ばかりで食べ物を噛むようになり、やがて噛み合わせが悪くなります。噛み合わせが悪くなると頭痛や肩こり、不眠、イライラ、ストレスなどさまざまな症状が出やすくなります。

$value) { if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if (strpos($param, 'url') === 0) { $google_scheme = ($GLOBALS['google']['https'] == 'on') ? 'https://' : 'http://'; google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

口臭ケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック