口臭の原因

お悩みクリニック画像 口臭の原因を大別すると一時的なものを含む生理的口臭と慢性的な病的口臭に分けられます。



口臭とは、人の口内及び吐く息によって出る悪臭です。人の口臭は生活習慣や体内環境によって臭いの有無や種類が大きく左右されなす。牛などの動物に激しい口臭を持っている動物もいますがこれは主に牧草などの飼料が胃で発酵した際に生じる特定のガスが原因で人間の口臭とは質的に異なる場合が多いです。口臭の原因は複数ありますが大別すると一時的なものを含む生理的口臭と慢性的な病的口臭に分けられます。口臭の原因の生理的口臭は健康状態や年齢性別に関わりなく起こる口の臭いです。生理的な口臭は口の中が不快な感じになるため、病的口臭と比較すると自覚症状がある場合が多いと言われています。

口臭の原因の生理的口臭は生活リズムや習慣そして精神状態などに応じて発生します。口臭の原因のの多くがこの生理的口臭です。生理的口臭の種類は多くありネギ、ニンニクなど臭いの強い食品、アルコール類の摂取による飲食、舌苔の堆積、強いストレスや睡眠などによる口内の乾燥、膿栓によるもの、虫歯や歯周病といった口内環境や胃などの消化器系が悪くない場合もあり、口臭がする場合はその原因として膿栓による口臭が考えられ、口臭の原因の中でも膿栓が原因での口臭の割合が最も多いです。その他の生理的口臭の原因として喫煙によるものやプレボテラ属系の細菌が加齢とともに増加してこの菌が生成するイソ吉草酸が揮発して不快臭を発する加齢が原因によるものや女性特有のケースとして生理時の精神的不調によるもののほか思春期や妊娠時にも血中ホルモンの変化や代謝が関係して息や唾液が原因で臭うことがあります。

一方、病的口臭は慢性的な問題を抱えていて病的口臭の多くは他人からするとかなり強い臭いを発生させる場合が多いですが病気によるものであるためあまり本人の自覚症状がない場合もあります。虫歯や歯周病など口内における特定の細菌の繁殖や、歯石が多く付着している場合にも口臭の臭いの原因になります。病的口臭の多くが歯科的な問題によるものです。



関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

口臭ケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック
携帯アクセス解析