口臭とコーヒーの関係

お悩みクリニック画像 コーヒーには消臭作用があるとさえ思われていたりもしますが実はコーヒーは口臭を増すことが判りました。



口臭をコーヒーは緩和するものだとばっかり思っていましたが調べてみるとどうやら違うようです。コーヒーには消臭作用があるとさえ思われていたりもします。しかしコーヒーには焙煎された褐色のコーヒー豆の微粒子がたくさん入っています。この微粒子が舌の表面を構成する舌乳頭に付着しやすい事とコーヒーは口の中のpHを低下させ唾液分泌を抑制するためコーヒーを飲むと口臭が増すことが判りました。コーヒーを飲む事で口の中のpHが低下することは口臭を引き起こしやすい環境を作ってしまいます。コーヒーの特徴は、その酸味と渋みに成り酸味は口腔内pHの低下を起こし渋みは唾液分泌を抑制する作用が働きます。

殆どの人は、コーヒーにミルクや砂糖を入れるので、これらも一緒に舌表面に残留し、唾液が少ないと飲んだ直後は、コーヒーのよい香りが残っていますが、しばらくすると舌に残ったコーヒーの焦げ臭い焙煎成分とミルクや砂糖の分解による臭気が混じって特有の口臭を引き起こしやすくなります。コーヒーによって残留した舌表面に残っている成分がなくなり、口腔内のpHが元の通りに唾液によって緩衝されると自然に臭気はなくなります。

ではコーヒーを飲む際に臭気を抑えるにはコーヒーを飲む時は水を用意しておき、コーヒーを飲み終わるとすぐに水を口に含み、舌表面を口の天井でゴシゴシして、コーヒーの味や香りを完全に取り除く事です。最後に水を少し含みコーヒーの味が残っていない事を確認して飲んでください。コーヒーを飲んだ後に、歯磨きで歯を磨くとより乾燥が進み歯磨き剤とコーヒーの混じった臭気が増すことになる可能性がありこれは好ましくありません。コーヒーを飲んだ後の特徴は成分が歯に残っているのではなく、舌にコーヒー成分が付着する事が原因で臭気を発生させるのです。

$value) { if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if (strpos($param, 'url') === 0) { $google_scheme = ($GLOBALS['google']['https'] == 'on') ? 'https://' : 'http://'; google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

口臭ケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック