口臭治療の流れ

お悩みクリニック画像 口臭の治療を受ける人は年々増加していますが従来の口臭治療では歯周病などの一部の病的口臭にしか対応できませんでした。



口臭治療を受ける人は年々増加していますが、従来の口臭治療では歯周病などの一部の病的口臭にしか対応できませんでした。その為に深刻に生理的口臭に悩む患者が来院しても気にしなくていいと指導するしか方法がありませんでした。生理的口臭で悩んでいる人を含め口臭治療を希望して来院した際は以下の流れで口臭の診断と口臭の治療が行われます。まず口臭の治療は口臭の発生する背景を確認し改善点を明確にするために生活調査と問診を行います。次に口腔内精密検査でう蝕、歯周病、粘膜疾患の有無・舌診、口腔乾燥測定器による口腔粘膜の湿潤度を検査しレントゲン診査と唾液検査も同時に行ないます。唾液検査は唾液は分泌量、ph、濁度、色調、沈渣、緩衝能を検査されます。

そして口臭を様々な角度から分析し調査して原因を模索し口臭の解決策が提案されます。実際に鼻で確認する官能試験や複数の口臭測定器による口腔内ガス、呼気ガスの精度の高い検査を行ないより客観的に口臭の実態を捉えます。次に全身的疾患のスクリーニングとして尿検査を実施します。尿検査ではブドウ糖、ビリルビン、白血球ケトン体、比重、血潜、ph、尿タンパク、ウロビリノーゲン、亜硝酸塩、などがわかり他科的疾患の早期発見に繋がる場合もあります。具体的には検査するのは腎臓や膀胱の異常、糖尿病、膠原病、骨髄腫、悪性腫瘍を発見する手がかりにもなります。

最後に口臭の発生する原因を確認して口腔内疾患の有無や口腔生理機能を把握しどこを発生源とする口臭がどの程度あるのか詳しく調べた結果をもとに診断チャートを作成します。これにより何をどう改善すればいいかの口臭治療が明確になり診断チャートをもとに治療方針が決定されます。具体的には口腔衛生指導、生活指導、食生活指導、口腔機能訓練、カウンセリング口臭治療用製剤の処方などを行ないます。そして他科との連携が必要な場合は速やかに他科との連携をとりこのような流れで口臭の治療は行われます。

$value) { if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if (strpos($param, 'url') === 0) { $google_scheme = ($GLOBALS['google']['https'] == 'on') ? 'https://' : 'http://'; google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

口臭ケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック