乾燥肌対策

お悩みクリニック画像 乾燥肌の対策をするには原因を知りましょう。



乾燥肌の原因は、遺伝によるものを除けば、生活環境、外的刺激など、後天的なものになります。
後天的な原因としては、角質細胞間脂質と皮脂の低下、栄養バランスの悪い食事などがあります。
つまり、それらをしっかりと考えて対策すれば、十分に乾燥肌は直せるということです。
諦めずに乾燥肌の対策をしましょう。

乾燥肌の原因となる外部要因をいくつか挙げてみましょう。
冬に多くなる暖房の長時間使用、栄養バランスの悪い食事、長時間入浴や石鹸などで肌の油分を取り除きすぎてしまう、などです。
このように外部要因はほんの少し対策するだけで取り除くことが出来るのです。

乾燥肌の対策をするには、まずはその原因を知ることが重要です。
他でも紹介しましたが、角質細胞間脂質と皮脂の低下、栄養バランスの悪い食事などがあります。
これらは後天的な原因なので、対策を取ることができます。
例えば、暖房を使う時間を短くする、長時間入浴を避ける、肌を傷つけないように体を洗うなどです。
こうしたほんの些細なことから、乾燥肌は防げるようになります。



関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

乾燥肌のケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック
携帯アクセス解析