乾燥肌になるとどうなる?

お悩みクリニック画像 乾燥肌は肌から水分がなくなった状態です。



乾燥肌とは、肌の水分と油分が不足した状態の肌のことを言います。
乾燥肌は日焼け後の水分を失った状態でも起こりやすく、紫外線に当たったときも起こりやすくなっています。
乾燥肌は肌細胞の再生力が低下しているので、肌の老化にも繋がります。
どうすれば乾燥肌を防げるかを教えます。

乾燥肌は角質全体の水分量が減っている状態になっています。
その為、肌がカサカサしていたり、キメが粗くなったりし、全体的に小じわが出来たような印象を与えてしまいます。
乾燥肌だと、顔が老けて見えてしまうというわけです。
乾燥が進むと、肌の弾力もなくなり、シワだけではなく、たるみの原因にもなるので注意しなければなりません。

乾燥肌は外からの刺激に対して非常に無防備な状態になっています。
そこに紫外線などの刺激を受けてしまうと、乾燥肌が悪化してしまいます。
乾燥肌にならないようにするためには、保湿などをして肌を守るようにし、肌を紫外線から守るようにすることも大切です。
日頃からのケアが乾燥肌にならない為のコツといえます。



関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

乾燥肌のケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック
携帯アクセス解析