ダメージヘアケアにおけるトリートメントのし方

お悩みクリニック画像 トリートメント剤は表示されている用量を守り、手に取りだして髪につけて、なじませます。



ダメージヘアケアにおけるトリートメントのし方としては、まずシャンプーをきちんとすることから始まります。シャンプー後は、泡が残らないように、しっかりすすぎます。次に髪の水分をタオルで軽く拭き取ります。これは、トリートメント剤の油分がはじかれるのを防ぐためです。表示されている用量を必ず守り、トリートメント剤を手に取り、内側からポンポンと軽くたたくような感じで髪につけていきます。

髪にトリートメント剤をなじませるために、少しの時間そのまま放置します。こすらずに、やさしくすすいでいきましょう。トリートメント剤を直接付けずに、手に取ったのはシャンプーしてキレイになった頭皮に油分が加わってしまい、毛穴をふさいでしまうからです。そのために頭皮が炎症を起こしたり、細菌が繁殖することにもなるので、必ず手にとって髪につけていきましょう。髪がとてもひどく傷んでしまった時のダメージヘアケアとして有効な方法をお伝えします。

通常のシャンプーを終えた後、髪にトリートメント剤をつけ、なじませてから、シャワーキャップをかぶって約5〜10分間ほどそのまま放置します。このようにすると、髪が温められてタンパク質の結合が緩和され、トリートメント剤が浸透しやすくなります。毎日ではなく、週に1〜2回の頻度でダメージヘアケアをすると、効果が実感されるでしょう。このような方法でも髪が修復できないならば、思い切ってカットしてしまうしかありません。ダメージヘアは傷んでしまうと元には戻らないのです。次に伸びた髪を大切にしてあげましょう。

$value) { if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if (strpos($param, 'url') === 0) { $google_scheme = ($GLOBALS['google']['https'] == 'on') ? 'https://' : 'http://'; google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

ダメージヘアのケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック