ダメージヘアケアにおけるシャンプーの有効性

お悩みクリニック画像 シャンプーはヘアケアの基本であり、ダメージヘアケアとしても有効である。



シャンプーはヘアケアの基本で、ダメージヘアともなれば、なおさらです。シャンプーでやさしく頭皮を洗い、しっかり洗い流すという、これだけのことなのですが、毎日のシャンプーで正しく洗えている人は少ないのではないでしょうか。ヘアケアのトラブルを改善するには、シャンプーのしかたを見直す必要がありそうです。髪についた臭いや埃だけならば、お湯で洗うことで充分洗い落とすことができますが、整髪料や毛穴のまわりの過剰な皮脂汚れはお湯で洗い流しただけでは落とすことができません。

ヘアケアの基本であるシャンプーは、やり方によっては毛髪や頭皮の健康を守ってくれるのです。ダメージヘアケアとしてのシャンプーも大切です。本来のシャンプーの目的は頭皮の汚れを落とすことであり、髪の汚れを落とすことではないのです。@シャンプー前にブラッシングをすることで、髪のもつれを取り、埃を落とします。クッション性のあるブラシを使えば、頭皮マッサージ効果が期待できます。A地肌をしっかり濡らしましょう。38〜40度が適温で、髪と地肌の汚れをほとんど落とすことができ、シャンプーのよく泡立ちます。

Bシャンプーを適量とり、泡立てます。C地肌に泡立てたシャンプーをつけ、指の腹で頭皮をマッサージするように、しっかり洗います。Dすすぎ残しがないように、しっかり洗い流す。おすすめは二度洗いですが、1回目は軽くさっと洗い、2回目ではマッサージしながら、落とし切れなかった汚れを徹底的に落としていきます。洗浄力の強いシャンプーであれば、量を少なくし、一度で洗いきってしまうようにしましょう。ダメージヘアケアの注意点として、洗い過ぎは髪に負担をかけることになり、余計に傷めることになります。



関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

ダメージヘアのケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック
携帯アクセス解析