ダメージヘアケアの方法

お悩みクリニック画像 髪は常に危険にさらされているので、ダメージヘアケアで髪を守りましょう。



髪にダメージを与える理由として考えられるのは、乱暴にシャンプーしてしまうことです。髪の毛の表面をおおっているキューティクルは髪にツヤを与え、外部の刺激から髪の毛の内部を守っています。ゴシゴシと髪をこするように洗えば、摩擦によって、このキューティクルがはがれてしまいます。このキューティクルは簡単にはがれてしまい、傷んで、髪はツヤを失うのです。ツヤのある、美しい髪を保ちたいならば、ダメージヘアケアは欠かせません。

また、髪にダメージを与える原因として、濡れたままの髪にブローすることや、無理なブラッシングもキューティクルをはがしてしまうことになり、髪を傷めてしまいます。特に、濡れて水分を含んでいる髪は、キューティクルが傷みやすく、はがれやすくなっているので、シャンプー後に水分を十分タオルで拭きとらずに、ドライヤーをかけることはNGです。そして、冷暖房の刺激に髪をさらし過ぎることも、キューティクルを傷めることになりますので、髪を守るためにはダメージヘアケアがやはりポイントになります。

濡れた髪は紫外線の刺激にも弱いので、髪を濡らしたまま、日光に当てることも控えなければいけません。髪の栄養分を失わないためには、頻繁にパーマやヘアカラーも避けなければいけません。ダメージヘアケア対策としては、トリートメントやコンディショナーでしっかり守ることです。日常ではセルフケアでお手入れをし、定期的に美容院で専門的なトリートメントをしていくようにすれば、さらに髪は守られるでしょう。キューティクルを修復していくことで、髪のツヤを取り戻しましょう。

$value) { if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if (strpos($param, 'url') === 0) { $google_scheme = ($GLOBALS['google']['https'] == 'on') ? 'https://' : 'http://'; google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

ダメージヘアのケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック