傷んだ髪を守るダメージヘアケア

お悩みクリニック画像 パーマやカラーリングなどにより、髪にダメージを与えた場合、ヘアケア次第ではダメージヘアを加速させることになる。



ダメージヘアは、ヘアサイクルの途中で切れてしまったり、折れてしまったりして、頭皮や髪を作り出す毛根にも悪影響を及ぼす可能性があります。一度傷んでしまうと、修復ができません。ですから、1本1本生えている毛を大切にする必要があります。枝毛や切れ毛のダメージヘアは髪のキューティクルが剥がれてしまい、乾燥している状態です。原因としては、パーマやカラーリング、ブリーチなど髪に化学変化を与えたことと、紫外線やドライヤーのかけ過ぎ、乱暴なブラッシングなどがあります。

また、傷んだ髪をきつく縛ったりすると、切れ毛を生むことになるのです。髪自体に修復能力がないので、いったん傷ついてしまうと、枝毛や切れ毛はますますひどくなってしまうのです。このようなことから、ダメージヘアケアは大切になってきます。パーマやカラーリングの場合、化学薬品を使用することによって髪を変色させますから、髪の中身が抜けやすくなっていて、ヘアケア次第で、ダメージを加速させることになります。

シャンプーの仕方によっても、ダメージヘアを加速させます。濡れた髪が摩擦にとても弱く、しっかりと泡立ててから、頭皮を洗わないと、摩擦で毛先が傷んでしまうのです。タオルで髪を拭きあげる時にも注意が必要です。髪をこすればこするほど、キューティクルにダメージを与えますので、ポンポンと叩く感じで乾かすことを心がけましょう。髪を乾かすためのブローですが、濡れた髪はキューティクルが開いた状態で、根元から毛先に向かって、キューティクルを閉じるように、乾かしましょう。キューティクルを逆立てないよう、ドライヤーの熱方向にも気をつけなければ、パサツキの原因になります。

$value) { if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if (strpos($param, 'url') === 0) { $google_scheme = ($GLOBALS['google']['https'] == 'on') ? 'https://' : 'http://'; google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

ダメージヘアのケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック