アトピー治療に効く入浴法

お悩みクリニック画像 アトピー治療に効く入浴方法とは?



アトピーを入浴によって改善するという治療法があります。
まず、入浴の目的を改めて考えると、清潔感を保つことです。
当たり前といえば当たり前ですが、アトピーになると引っかいたりして出来た傷が原因で風呂に浸かれなくなったり、浸かったとしてもすぐにあがってしまう、などということになってしまいがちです。
そして、入浴後にすぐにステロイドを塗る、などといった治療を行なっている。
実はこれだとまったく意味がないのです。
なぜなら、以前に塗った脂分が少しでも残っている状態では、ほとんど効果が出ないからです。

アトピーを治療する上で、効果的な入浴方法を紹介します。
まず温度ですが、春と秋は40度、夏は38度、冬は42度にします。
これ以上温度を上げてしまうと、皮脂を取りすぎてかゆみを誘発してしまう可能性があります。
時間は10分が目安です。
体を洗う時に使う石鹸やシャンプーは無添加、無香料のものを選ぶようにしましょう。
合成のものだと刺激が強すぎるからです。
ステロイドを塗った部分はしっかりと洗い、汚れを落とすようにしましょう。

入浴する時、入浴剤を入れる人がいますが、アトピー治療においては使わない方が良いです。
入浴剤にはアトピーを悪化させる成分が含まれている可能性があるからです。
健康な皮膚の人であれば、塩化ナトリウム(食塩)や硫黄、炭酸水素ナトリウムなどの含有した入浴剤でもまったく問題ありませんが、アトピーの人はそうはいきません。
もしどうしても使いたいというのであれば、肌に優しい天然素材の入浴剤を使うようにしましょう。



関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

アトピー治療についてへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック
携帯アクセス解析