アトピーを漢方薬で治療する

お悩みクリニック画像 アトピーを漢方薬で治療するには?



アトピー性皮膚炎は、現段階でははっきりとした原因も、決定的な治療法もありません。
現状では対症治療法しかできないということです。
アトピーの治療にはステロイドを使う場合が多いですが、現状はステロイドを使わない医師もおり、別の治療法を行なう場合もあります。
漢方薬による治療もひとつの手段です。
漢方治療の場合、病症だけを見るだけではなく、全体のバランスを見て考えるというものになります。
つまり、アトピーに対しても、局所的な部分を見るのではなく、体全体を見て考えるのです。

アトピー性皮膚炎は、現在漢方薬局で一番相談の多い病気のひとつと考えられます。
漢方薬は癖があるので苦手な人もいると思いますし、そもそもとにかく自分の体質を把握しておくことが重要です。
漢方の特徴は、
・体質の改善
・再発しにくい
・副作用が出にくい
などが挙げられます。
ただ、漢方薬を摂取することにより、症状が悪化する場合があるので、注意が必要です。

すでにステロイドによってアトピーの治療をしている場合、漢方薬を一緒に摂るようにしましょう。
漢方治療法を導入することで、ステロイドの減量を図ることができるからです。
すぐには効果は出ませんが、時間をかけて漢方薬を摂取していきます。
効果が現れてきたら、徐々にステロイドの量を減らしていってください。
そうすることで、症状によってはステロイドを使用しなくても良いようになります。
治療まで経過が長いアトピーの漢方治療では、状態の変化に注意しながら、その時々で処方を変える必要があるので、ちゃんと医師に相談して行ないましょう。

$value) { if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if (strpos($param, 'url') === 0) { $google_scheme = ($GLOBALS['google']['https'] == 'on') ? 'https://' : 'http://'; google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

アトピー治療についてへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック