アトピー治療のために原因を知る

お悩みクリニック画像 アトピーは生活環境や体質などが原因で起こります。



アトピーの原因のひとつとして、肌の乾燥が挙げられます。
特に角質層の保湿力が先天的に低下している乾燥肌の人にアトピー性皮膚炎が起こりやすいです。
アトピー性皮膚炎は、「アトピー素因」と「皮膚の生理学的異常」という二つの要因によって引き起こされます。
アトピー素因とは、遺伝的にアレルギー反応を起こしやすい体質のことをいいます。
これには、家族や花粉症、気管支喘息などのアレルギー疾患等、様々なものが含まれています。
また、皮膚の生理学的異常とは、乾燥肌による皮膚のバリア機能が低下し、外部からの刺激に敏感になっている状態のことを指します。
こういったものを持っている人がアトピーになりやすいのです。

アトピー素因や皮膚の生理学的異常以外にも、ストレスや副交感神経優位の状態になる場合もアトピーになりやすい原因のひとつです。
副交感神経とは、自律神経系の一部を構成する神経系のことです。これはリラックスする神経です。
アトピーの人は、激しい活動をしている時に活発化する「交感神経」より副交感神経に傾きやすい傾向があります。
アトピーはストレスで緊張状態になると軽減するのですが、その緊張状態から逃れようとして、副交感神経を過剰に働かせ、リラックスしようとします。
このリラックス状態になると、アトピーがひどくなるのです。

アトピーの原因には、体質的なもの以外に、生活環境もあります。
ストレスや過労、食生活や寝不足、ハウスダストやダニなどです。その他にも、シャンプーや石鹸、化粧水などもアトピーの原因のひとつとして挙げられます。
こういったものがアトピーの症状を引き起こし、かゆみを苔のような湿疹を引き起こすのです。
生活環境が原因の場合、まずは周囲の生活環境を改善することから始めてみて下さい。



関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

アトピー治療についてへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック
携帯アクセス解析