赤ちゃんのアトピー治療

お悩みクリニック画像 赤ちゃんのアトピー治療の前に原因を知りましょう。



アトピーの原因として、アレルギー要因と非アレルギー要因があります。
アレルギー要因としては食物やダニ、ハウスダストなどがあり、非アレルギー要因としては遺伝子や生活環境などがあります。
皮膚の免疫や保湿バリアが弱い赤ちゃんは、ダニやハウスダストの影響を受けやすい体質といえます。
もしアトピーの原因が生活環境にあるのであれば、まずはダニやハウスダストをなくすことを第一に考え、治療するようにしましょう。

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎は、たんぱく質が原因で起こっているかもしれないとも考えられています。
離乳食を与えるのが早すぎたり、量が多すぎることなどが挙げられます。
生後5ヶ月ぐらいで、徐々に赤ちゃんの食物アレルギーがはっきりしてくることがあります。
アトピー性皮膚炎の予防策としては、あまり急いで離乳食を与えないようにしましょう。
また、小麦アレルギーの赤ちゃんもいますので、小麦ではなく、お米を中心に食事を与えるのもひとつの方法です。
計画的に離乳食を与えるのであれば、小児科医に相談してみるのが一番です。

赤ちゃんのアトピーは、生活環境や食生活以外に、皮膚の一番表面の角層に存在する脂質であるセラミドが少ないのが原因とも言われています。
他にも、アトピー性皮膚炎の原因には皮膚の細菌が影響しているとも考えられています。
細菌が特異的な感染症を併発させる可能性があり、これらの細菌が症状の増悪の一因とするとも言われています。
乳児期の赤ちゃんは、主に顔や頭部に湿疹が起こります。アトピーやアレルギーの原因は、現状医学的にもはっきりと解明されていません。
湿疹はアトピーに症状が似ているため、医師でも乳児湿疹と混同してしまうケースがあるほどです。
いずれにしても、赤ちゃんにアトピーと思われる症状が現れたら、一度医師に相談するようにしましょう。



関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

アトピー治療についてへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック
携帯アクセス解析