ニキビ跡とニキビの種類について

お悩みクリニック画像 深い傷となって残ってしまうニキビ跡と種類について



まずは、ニキビの種類について。ホルモンの盛んになる思春期に多い思春期ニキビ。過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰ままってしまい、中でアクネ桿菌という皮膚常在菌が繁殖し、炎症を起こします。Tドーンと言われる額から鼻にかけてのT型のゾーンに症状が出やすいのが特徴です。

体内やストレスが蓄積し、負担が色々な形で噴き出し、新陳代謝にも影響を出すタイプの大人ニキビ。冷暖房による乾燥や冷え、睡眠不足、偏りのある食生活、ストレスによるホルモンバランスの異常などさまざまな要因が絡み合って口周りやあごのフェイスラインに多く症状が出る大人ニキビ。治りにくいのが特徴です。

ニキビ跡にも原因によって色々な症状が残ります。クレーターのようにへこむ、しこりが残る、赤ら顔になる、ケロイド型、赤い二キビ、毛穴が大きく開く等の症状が残ることがあります。こんな状態になってしまうと跡は残ってしまい取れにくいので、今ニキビが出来てきている人こそ注意が必要です。ニキビが出来てくると、赤く炎症を起こすため表面の赤みにきをとられがちですが、赤みの奥でクレーター、しこり、ケロイド等の症状が進行し、赤みが引くころに現れてくるということがあります。ニキビが出来てきて、繰り返し同じところに出来ると皮膚深部の組織が破壊され、傷が更にえぐられ跡が深く残ります。今できているニキビを増やさない対処と、予防が大切です。

$value) { if (strpos($param, 'color_') === 0) { google_append_color($google_ad_url, $param); } else if (strpos($param, 'url') === 0) { $google_scheme = ($GLOBALS['google']['https'] == 'on') ? 'https://' : 'http://'; google_append_url($google_ad_url, $param, $google_scheme . $GLOBALS['google'][$param]); } else { google_append_globals($google_ad_url, $param); } } return $google_ad_url; } $google_ad_handle = @fopen(google_get_ad_url(), 'r'); if ($google_ad_handle) { while (!feof($google_ad_handle)) { echo fread($google_ad_handle, 8192); } fclose($google_ad_handle); } ?>

関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

あごにきびのケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック