あごニキビの原因

お悩みクリニック画像 あごに出来るポツポツの赤いニキビ。毛穴の脂が原因?



あごにボツボツと赤くなるニキビ、なってませんか?洗顔しっかりしてるのに治らない、毎日ひげを剃るから、治る間もなくってドンドン赤くなる。ニキビは脂っぽいのに、洗顔のしすぎでまわりのお肌はカサカサに。こんな悪循環に陥ってませんか?そもそも一体どうしてニキビが出来てしまうのでしょうか?原因を探ってみましょう。

あごには毛穴がたくさんあり、その毛穴に脂が詰まってニキビになります。普通の状態での脂はサラッとした液状ですが、ニキビになっている脂は、ドロッとしたマーガリン状で毛穴に詰まりやすく、毛穴の周囲が固くなりついには穴をふさいで中で腐り炎症を起こし赤く腫れてきます。炎症を起こす原因は、腐った脂に住ぐった細菌で、毒素を出しながら繁殖し、毛穴の中の細胞を破壊していきます。放っておくとクレーター状に大きく穴があいてしまい戻らなくなってしまいます。俗に言うアバタ顔になってしまいます。その他、生活習慣やストレスなども関係します。次にあげる要因が多いほどニキビ要因が多くなると考えられます。


○不規則な食事時間とバランスの悪い食事 ○脂、糖分、でんぷんの摂り過ぎ。
○ストレスによる自律神経の不バランス。
○体質の遺伝
○ホルモンのバランス異常
○胃腸不良
○こすり過ぎ
○たんぱく質分解酵素配合化粧品
○角質除去化粧品類
このように複雑な要因が重なって起きるニキビ。症状が悪化し、繰り返し炎症を起こしケロイド化したニキビ跡をつくってしまいます。



関連ページ一覧


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

あごにきびのケアへ戻る
お悩みクリニックへ戻る
Copyright (C) 2010お悩みクリニック
携帯アクセス解析