ムダ毛の自己処理法

ムダ毛の自己処理についてまとめてみました。



ムダ毛処理は自己処理、エステで処理、医療機関で処理などありますが、ここでは一番多いと思われる自己処理についてまとめてみました。

ムダ毛を自己処理する場合、抜く、剃る、脱色、除毛、抑毛などがあり、それぞれメリット・デメリットがありますので、その時の状況や自分が納得できる処理方法を選択しましょう。

【ムダ毛抜く】
メリットは毛抜きさえあれば簡単に処理することができ、毛根ごと抜くので再び生えてくるまでに比較的、時間がかかります。

デメリットは、ほとんどの場合、痛みが伴います。また、肌が赤くなったり埋没毛になるなど、毛穴のトラブルになるリスクがあります。


【ムダ毛を剃る】
メリットは素早く簡単に短時間で処理することができます。

デメリットは皮膚の表面から出ている部分だけを処理するので、毛が成長すれば、すぐに見えるようになり、チクチクします。また、カミソリの刃が肌に当たりますので、多少なりとも肌へのダメージがあります。

【ムダ毛を剃る】
メリットは素早く簡単に短時間で処理することができます。

デメリットは皮膚の表面から出ている部分だけを処理するので、毛が成長すれば、すぐに見えるようになり、チクチクします。また、カミソリの刃が肌に当たりますので、多少なりとも肌へのダメージがあります。

【脱色】
メリットは比較的効果が持続するので、処理回数が少なくできます。

デメリットはヘアブリーチと同じですから、肌への影響がある可能性があります。また、ムダ毛自体は目立たなくなっているだけで存在していますから、近くでよく見ると生えているのが分かります。

【除毛】
メリットは剃るよりは多少手間がかかりますが、比較的簡単に処理することができます。また、チクチクすることもありません。

デメリットはたんぱく質を溶かす成分が含まれていますので、肌荒れが心配です。肌の弱い人には不向きだと思います。

【抑毛】
メリットは少しずつ毛が細くなったり、毛の生える周期が遅くなったりするので、肌への負担が少ないです。また、自分で作れる豆乳ローションなどもあるので、経済的な負担も軽減できます。

デメリットは即効性がなく、効果に個人差があるので、確実性に欠けます。また、完全にムダ毛がなくなる訳ではないので、ツルツルを想像している場合は不向きかもしれません。



MENU


前のページへはブラウザバックでお戻り下さい。

ムダ毛処理へ戻る
キレイなびへ戻る
Copyright (C) 2010キレイなび

Warning: include(/home/nomadic/motetype.com/public_html/access.html) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/nomadic/motetype.com/public_html/beauty/mudage/mudage.html on line 165

Warning: include() [function.include]: Failed opening '/home/nomadic/motetype.com/public_html/access.html' for inclusion (include_path='.:/usr/share/pear5:/usr/share/php') in /home/nomadic/motetype.com/public_html/beauty/mudage/mudage.html on line 165